富裕層から聞いた『トイレ掃除をすればお金に困らない』の本当の理由

なんでトイレ掃除が金運をあげるって言われるんだろう?・・・

もっと経済的に豊かになりたい、金運をあげたいという時、貯金など身近で手軽にできる習慣からはじめようとしますよね。

金運などをテーマなどをテーマにした書籍などを読んでいるとトイレ掃除をすればお金がやってくるというようなことがよく書かれていることがあります。

占いや風水といった分野だけに留まらず、経営者や富裕層も『トイレ掃除』を大事な習慣として取り組んでいる人が多いと聞きます。

私も年収が億をこえる富裕層からトイレ掃除の大切さを教わり、トイレ掃除が習慣になりました。

そこで本記事では

  • トイレ掃除とお金の関係
  • 富裕層から聞いたトイレ掃除の大切さ
  • 豊かさに繋がるトイレの環境

などをお伝えしていきます。

なぜトイレ掃除をするとお金に困らないといわれているのか

なぜトイレ掃除が経済的豊かさに繋がる要因は以下の3点があげられます。

・人が嫌がることを率先的におこなうことが習慣になるから
・トイレ掃除=精神の浄化に繋がるから
・汚れが集中するところを綺麗にすることは全体の綺麗さに繋がるから

上記にあげた通り、『トイレ掃除をすれば絶対的にお金が入ってくる』ということではありません。

トイレ掃除をすることによって経済的豊かさに繋がるマインドが得られるというところが近いですね。

上記の3点について詳しく解説していきます。

人が嫌がることを率先的におこなうことが習慣になるから

トイレ掃除をおこなうことによって人が嫌がることを率先的におこなうようようになります。

一般的にトイレは家の環境の中で最も汚れやすい場所でかつ、衛生面において不快感を感じる場所ですよね。
そういった場所を掃除するのは普通は避けたいところです。

トイレ掃除はこういった不快感を感じる行為をおこなうことに対する心理的ハードルが下がるのです。

一般的に『面倒なこと』や『嫌なこと』を積極的におこなう人は感謝されるようになります。

仕事においても嫌な仕事を積極的におこなってくれる人は出世もしやすいし、職場の人間関係も良くなります。

結果、間接的に経済的豊かさに繋がるということです。

トイレ掃除=精神の浄化に繋がるから

トイレ掃除は心の浄化に繋がります。

昔から『部屋の乱れは心の乱れ』と言われますよね。

実際に『心を病みやすい人』や『犯罪者になる人』の傾向を調べてみると統計的に『住居の環境が汚い』ことが多いというデータがあります。

企業の社長は『朝一番に自宅や会社のトイレ掃除をする』ことによって心に溜まった汚れを流して精神を浄化することを習慣にしているようです。

つまり、綺麗にすることが目的というより、心の淀みをトイレ掃除で流すことによって良い精神状態で活動できるということです。

汚れが集中するところを綺麗にすることは全体の綺麗さに繋がるから

汚れが集中することを綺麗することによって他の空間も綺麗にすることに繋がります。

例えば年末の大掃除の時に掃除を始めると『ついつい色々なところが気になって掃除が終わらない』ということがありますよね。

なぜかというと大掃除は『普段あまり掃除をしない汚れが溜まっている場所』を掃除するからです。

『一番気になっているところ』が解消されると、他のことも気を使う余裕が生まれます。

仕事においても面倒なこと、ストレスの要因が解消されると一気に開放感をもってサクサクと仕事に取り組めますよね。

このように『一番気になっているところ』を解消することによって全体の流れが良くなるのです。

つまり、トイレという『一番汚れが溜まりやすいところ』(気になるところ)を掃除する習慣をもつことによって精神的余裕や豊かさ繋がります。

富裕層が大事にしているトイレの環境

富裕層が実際におこなっているトイレは以下5つの特徴があります。

・トイレの蓋は必ず閉じている
・余計なものをおかない
・タンクも綺麗な状態を保つ
・掃除道具はなるべく使わない

こちらもそれぞれ解説していきます。

トイレの蓋は必ず閉じている

富裕層の家のトイレは使用時以外は必ず閉じるようにしています。

とある団体が『経済的豊かさ』の秘訣を探ろうと世界中の富裕層に共通点がないか調査をしたことがありました。

調査の結果、唯一の共通点が『トイレの蓋がしまっていた』ということだけだったのです。

なぜトイレの蓋を必ず閉じておくのかの理由は異なるようですが風水にはトイレは邪気を発生させやすい場所と言われています。

トイレの蓋を開けたままにしても邪気がトイレの空間に滞留します。

したがってトイレの蓋を必ずしめておくという習慣に繋がっているのではと考えられています。

余計なものをおかない

富裕層のトイレには必要最低限のもの以外はなるべくものを起きません。

なぜなら先に述べたようにトイレは邪気が溜まりやすい空間だらかです。
『トイレに設置されている物』が滞った邪気を吸収するのです。

トイレに本や雑誌、カレンダーなどを貼り付けたりすることがありますがそういったものはなるべく邪気を溜め込むので設置するのはオススメできません。

また、トイレットペーパーなどの必需品もトイレ内にストックため込まず、必要最適元のみトイレ内に設置します。

タンクも綺麗な状態を保つ

トイレ空間を掃除する時に意外に見落としがちなのがトイレタンクです。

タンクは『水を溜め込んでおく場所』などで『貯金や財政形成』などに関わってくると言われています。

もし、トイレタンク内が汚れていたら、貯金を難しく感じたり、散財する傾向があるのかもしれません。

掃除道具はなるべく使わない

富裕層はトイレの掃除道具はほとんど使用しません。

理由は使用した掃除道具が邪気を吸い込むからです。

トイレブラシなどは使用せず、使い捨てのスポンジやタオルなどでトイレ掃除をおこないます。

人によっては『素手』で洗うという猛者もいるようです。

『素手で洗う』のは鈍感だからとかいうわけではなく、心の鍛錬や浄化を目的としておこなうということが多いようです。

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます